2022ミヤザキモトクロスチャンピオンシップRd.3

2021/11/21開催。くもり時々晴れ。ドライ。

データ

レポート

前半戦の締めくくりの第3戦。当日朝は冷え込みましたが、日中は11月後半とは思えない穏やかな陽気となりました。前日の散水作業で、コースはベストコンディションとなりました。

150cc以下Aクラス

   

ヒート1、ランキングトップの#56三角真矢選手はスタートで出遅れ、さらにコース外の泥にマシンがはまり抜け出せずリタイヤ。序盤トップに出たのは#26寺原雅人選手、2番手に#5江崎虎太郎選手。3番手に#6川畑正俊選手。4周目にトップの#26寺原選手が転倒、変わってトップに立った#5江崎選手がそのまま1位でチェッカー。2位に#26寺原選手、3位に#6川畑選手と、中学生ライダーが大健闘。第4位に大人組最高位の#14今井慎二選手となった。5位に#33日野啓太選手が健闘。 ヒート2では、2周目でトップに立った#26三角真矢選手が2位以下を引き離して1位でゴール。2位には#26寺原雅人選手。3位に#5江崎虎太郎選手、4位に#14今井慎二選手、5位に#33日野啓太選手。

150cc以下Bクラス

ヒート1、中盤まで久しぶりに参戦の#34有薗智明選手がトップを走行。上位は終始接近戦となった。終盤じりじりと追い上げたレンタルマシンの#52佐藤則幸選手がトップに立ちゴール。最終ラップで2位になったのは#21石坂夏斗輝選手。3位に#34有薗選手。4位に#23押川楓選手。5位に#13白坂健児選手。 ヒート2では1周目からトップに立った#21石坂選手がそのままトップでチェッカーとなった。2位に#23押川選手。3位に#34有薗選手、4位に#13白坂選手、5位にレンタルマシンの#95三原元季選手となった。初レースの#57和田絆利選手と#90田崎正幸選手も熱い走りを見せてくれた。

250/450ccクラス

   

ヒート1、1周目からトップの#33小原晃選手がそのままトップでゴール。2位には久しぶりに参戦の#8小原タクヤ選手。3位にはこのクラスチャンピオンシップ初参戦の#711中西裕太選手。ヒート2、#33小原選手はスタート直後の転倒でマシントラブルリタイヤとなった。#8小原タクヤ選手が終始トップを走行1位でチェッカー。2位には#711中西裕太選手。3位に#69黒木康裕選手が健闘。何年ぶりかの参戦の#84橋野翔太選手が4位。

   

50ccクラス

今回も12台ものライダーがエントリー。あちらこちらで熱い闘い。ヒート1では#4池田流真選手が1位。ヒート2では#38松原聖空選手が1位。両ヒート2位には#55松原煌隻選手。ヒート2では散水作業でスリッピーな箇所があるもレディースの#2小原リオ選手が5位と健闘。まだモトクロスを初めて間もない#27本田亜蘭選手が初レース、頑張りました。子供達はみんな練習熱心でどんどん速くなっています。

抽選会

ご協賛・ご協力

江崎農園様、おはら板金工業様、久保武蔵様、他。ありがとうございました。

  
ページのトップへ戻る