2021ミヤザキモトクロスチャンピオンシップRd.5

2021/2/21開催。晴れ。ドライコンディション。

データ

レポート

この冬は雨が少なく1週間前に久しぶりの恵みの雨。当日は風が強く、2月とは思えない汗ばむ陽気となりドライコンディションとなりました。年明けて最初のレースということで「安全祈願祭」も行われました。今回は初参加のライダーさんも多く、来シーズンにつながるレースとなりました。どのクラスも熱い戦いが繰り広げられ、会場からはあたたかい声援が送られました。コロナの影響で全6戦中2戦が中止となり全4戦でのシリーズ戦となりましたが、無事最終戦を迎えることができました。ありがとうございました。来シーズンは9月5日開幕となります。

150cc以下EXPERTクラス

   

2スト85ccと4スト150ccのEXPERTクラス。HEAT1、チャンピオン獲得を目指して前半#55坂元洋樹選手がトップを走行するも4周目転倒し2番手に。変わってトップに立ったのは#3瀬戸山司選手。安定した走りでそのまま1位でチェッカー。2位に#55坂元洋樹選手。序盤2番手まで浮上するも転倒で順位を落とし、再度追い上げて久々にこのクラスにスポット参戦した#62是澤翔選手が3位。4位にも久しぶりのこのクラスに参戦の#6三角真矢選手。5位にはベテラン#4原正人選手となった。HEAT2、スタートから#3瀬戸山司選手がトップにたちそのままトップでチェッカー。2位にはエンストで最後尾から追い上げて#62是澤翔選手。3位には落ち着いた走りで#6三角真矢選手。4位に#4原正人選手。5位に小学生の#31江崎虎太郎選手が健闘。2周目まで2番手の#55坂元洋樹選手はマシントラブルで順位を落とすも、無事シリーズチャンピオンを獲得した。おめでとう。このクラス初出走の#83桑津りこ選手、#60信末健一選手も頑張った。

150cc以下Bクラス

2スト65ccと4スト125cc以下のクラス。HEAT1、#47三角直康選手が1周目からトップに立つ。2番手の#39黒木翔太選手も食い下がる。#47三角直康選手が逃げ切り1位でゴール。コンマ2秒遅れで惜しくも2位に#39黒木翔太選手。3位には#58矢野善政選手が健闘。4位に出遅れての追い上げ#95桑津理仁選手。5位には前半3番手も転倒し#46石坂夏斗輝選手。HEAT2、1周目から#47三角直康選手が単独トップとなりそのまま1位でチェッカー。2位には1周目5番手から追い上げ#95桑津理仁選手。3位には#46石坂夏斗輝選手が健闘。4位に#43長友徹選手、5位に#91押川楓選手となった。今回が初レースとなった#63押川椿選手、#19戸高綸太郎選手、#97津田理緒奈も頑張った。

250/450ccクラス

   

両ヒートとも#8小原タクヤ選手が1位となり、見事シリーズチャンピオンに輝いた。両ヒート2位には久しぶりの参戦となった#9澤邊昭光選手が健闘。両ヒート3位には#69黒木泰裕選手が健闘。4位争いの#400緒方茂樹選手と#55木下善夫選手の熱いバトルを制したのは#400緒方茂樹選手。IAの是澤翔選手、IBの川原善幸選手、押川智美選手も賞典外で走行しレースを盛り上げてくれた。

   

50ccクラス

HEAT1、前半は#24安藤龍太郎選手がトップ、中盤#51宮原大輝選手がトップに。しかし最終ラップで#24安藤龍太郎選手が再びトップに立ち1位でチェッカー。惜しくも2位に#51宮原大輝選手。3位に#2小原リオ選手。HEAT2、前半#24安藤龍太郎選手と#98小原武選手の激しいトップ争い。#51宮原大輝選手は序盤転倒するも、失速した#98小原武選手に代わって2位でゴール。#24安藤龍太郎選手がトップでチェッカー。3位に#2レディースの小原リオ選手。今回初レースとなった#7田上由奈選手もお父さんの#8田上貴洋選手と参戦。見事完走。シリーズチャンピオンには2年連続で#51宮原大輝選手となった。

年間表彰

年間ランキング3位までのみなさんです。150cc以下クラス(1位坂元洋樹選手※写真は代理の甥っ子くん、2位原正人選手、3位瀬戸山司選手)、250/450ccクラス(1位小原タクヤ選手、2位黒木泰裕選手、3位小原ヒカル選手)、50ccクラス(1位宮原大輝選手、2位小原リオ選手、3位小原武選手)おめでとうございました。チャンピオンにはチャンピオンTシャツが贈られました。 

抽選会

レースの後は、抽選会で盛り上がりました。 

ご協賛・ご協力

江崎農園様、オートショップ弥生様、おはら板金工業様、坂元洋樹ファミリー様、瀬戸山直人様、野澤直樹様、宮原機工様、ブリヂストン様他。ありがとうございました。

  
ページのトップへ戻る