2020ミヤザキモトクロスチャンピオンシップRd.1

2019/9/29開催。晴れ。ウエット。

データ

レポート

いよいよ迎えた2020シリーズ開幕戦。前日に降った雨で、当日はハードなマディが予想されましたが、夏に逆戻りの青空の元、コースコンディションは予想以上に速く回復しました。シーズンオフは雨が多く、練習不足のライダーさんも多かったですが、ヘトヘトになりながらも、みなさん頑張っていました。お疲れ様でした。今シーズンもよろしくお願いいたします。

150cc以下EXPERTクラス

   

昨シーズンのチャンピオン#1小原タクヤ選手が両ヒートを制した。両ヒート2位には、久しぶりの150ccマシンでぶっつけ本番の#22三角真矢選手。両ヒート3位には40代の代表#2原正人選手となった。

150cc以下Bクラス

9歳の#29今岡陸駆斗選手が両ヒートとも圧勝。ヒート2で2位、総合2位の#65坂口祐司選手は久しぶりのライディングながら健闘。総合3位には#54新原健選手が健闘。

250/450ccクラス

   

#28是澤翔選手が両ヒートとも圧勝。ヒート2で2位総合2位には今年はこれが初レースとなった#33小原ヒカル選手。ヒート1で2位総合3位には、#01川原善幸選手が健闘。今回は半数が40代以上のライダーで、大人バトルに会場が沸いた。

   

50ccクラス

ヒート2で1位の#95桑津りひと選手が総合優勝。ヒート1で1位の#45黒木翔太選手が惜しくも総合2位。両ヒート3位には#23押川椿選手が健闘。#5宮原大輝選手が初レースながら4位と健闘。

ご協賛

アクロス様、新原様、小原様、ブリヂストン様他。ありがとうございました。

  
ページのトップへ戻る