2019ミヤザキモトクロスチャンピオンシップRd.6

2019/2/10開催。曇りのち晴れ。ウエット。

データ

レポート

前日お昼まで降った雨で、午前中はウエットコンディションでしたが、午後からは、ほぼベスコンになりました。にぎやかなレースとなりました。山口、長崎、福岡、など遠方からもありがとうございました。

150cc以下EXPERTクラス

   

ヒート1、#2小原タクヤ選手が終始トップを走り、2位以下を引き離し、1位でチェッカー。#5原正人選手と#56下満照琉選手の2番手争いは、3周目に#5原正人選手が2番手に上がるとそのまま2位でゴール。3位に#56下満照琉選手。4位には1周目8番手からの追い上げで#63甲斐原飛源選手。5位には安定した走りで#31柿田幸大選手となった。 ヒート2、上位3位までは、ヒート1と同じ展開に。1位#2小原タクヤ選手、2位#5原正人選手、3位#56下満照琉選手。ヒート1はマシントラブルでスタートできなかった#11今岡駿太選手が8番手から追い上げ4位でチェッカー。5位には終始5番手を守りぬいた#13今井慎二選手が大健闘。

150cc以下Bクラス

今回はジュニア勢となったこのクラス。両ヒートとも同じ順位となった。1位は#47今岡陸駆斗選手が圧勝。2位には今シリーズ初参戦となった#41寺原雅人選手。3位には久しぶりに登場の#51川畑雅正人選手が健闘。110のマシンでこのクラス初参戦の#91押川椿選手も見事完走。

250/450ccクラス

   

ヒート1、#56三角真矢選手が終始トップを走り、2位以下を引き離して1位でチェッカー。2位には8番手から追い上げを見せた#4川原直幸選手が健闘。序盤熾烈な2番手争いに沸いた。中盤#75植松崇選手が2番手になるも、終盤惜しくもミスし5位となる。#9澤邊昭光選手がミスなく追い上げ3位でゴールと健闘。4位には#51押川智美選手となる。ヒート2、1周目トップで通過したのは#75植松崇選手。ヒート1でトップの#56三角真矢選手は転倒で後方からの追い上げのレースとなる。#4川原直幸選手が2周目トップにたつとミスなく1位でチェッカー、見事総合優勝を果たす。1周目転倒で後方スタートとなった#56三角真矢選手が見事な追い上げを見せるもでトップと4秒差の2位でゴール。3位には、初参戦の#11山崎創太選手が健闘。IA溝口哲也選手とIB那須伊雪選手もヒート2で走行してくれました。

   

50ccクラス

今季最高の17台が参戦、にぎやかなレースとなった。ヒート1、序盤トップは#14石松栞太選手だったが、転倒で順位を落とし3位でゴールとなる。4周目トップにたった#45黒木翔太選手が2位以下を引き離してトップでチェッカー。1周目6番手から追い上げて#49羽田悠馬選手が2位と健闘。4番手争いは姉弟対決、弟の#95桑津りひと選手が制した。惜しくも5位に姉の#83桑津りこ選手。ヒート2、終始続いたトップ争いの#45黒木翔太選手と#49羽田悠馬選手。抜きつ抜かれつで、最後に笑ったのは#49羽田悠馬選手、トップでゴール。惜しくも2位に#45黒木翔太選手。このヒートも姉弟の3番手争い。最終ラップで姉の#83桑津りこ選手が弟の#95桑津りひと選手をパスし3位でゴール。惜しくも4位に#95桑津りひと選手。1周目3番手だった#14石松栞太選手は転倒し追い上げを見せるも5位でチェッカー。最年少4歳の初出場#36和田優馬選手を含め全員完走となりました。

その他

ご協賛

チームカナッペ様、RK様、ブリヂストン様他、ありがとうございました。

  
ページのトップへ戻る