2019ミヤザキモトクロスチャンピオンシップRd.5

2019/1/13開催。曇り時々晴れ。マディ/ウエット。

データ

レポート

シリーズ戦も後半戦突入!新年初のレースということで、受付後に「安全祈願祭」も行われました。金曜日から降った雨で、前日は水抜き作業。当日は時折晴れ間のある曇り空で、午前中はややマディコンディションでしたが、時間とともにコースコンディションもよくなっていきました。寒さも和らいで、穏やかなレース日和となりました。2019年もよろしくお願いいたします。

150cc以下EXPERTクラス

   

ヒート1、#2小原タクヤ選手が終始トップで1位。終始2位でゴールは#5原正人選手。3周目3番手の#63甲斐原飛源選手は転倒で順位を落とす。1周目6番手の#11今岡駿太選手がじりじり追い上げ3位でチェッカー。4位に#4赤木江津男選手、5位に#13今井慎二選手と50代ライダーが頑張った。ヒート2、ホールショットからの1周目トップは#20植田雄三選手。2周目には#11今岡駿太選手がトップに立つ。ヒート1トップの#2小原タクヤ選手は転倒により11番手まで順位を落とすが、見事な追い上げでラストラップの最終コーナーで#11今岡選手をパスし1位でチェッカー。惜しくも2位に#11今岡駿太選手。3位には大人組みトップの#5原正人選手、4位には#13今井慎二選手が大健闘。5位に追い上げて#4赤木江津男選手。

150cc以下Bクラス

ヒート1、#65臺琉斗選手が終始、単独トップで1位でチェッカー。2位争いの#64甲斐原昊晴選手と#47今岡陸駆斗選手だったが、ラスト2周で#47今岡陸駆斗選手が2番手、3番手に#64甲斐原飛源選手となりそのままの順位でゴール。4位には#42脊戸貴弘選手が健闘。マディが好きという#52押川楓選手が#60長友徹選手をパスするシーンも。しかしその後再び#60長友選手が前に。#52押川楓選手は転倒で順位を落とす。モトクロスを始めてたばかりの#62江崎虎太郎選手は、いい走りを見せてくれた。ヒート2、#65臺琉斗選手と#64甲斐原昊晴選手は、今回予選がなく走りたかったエキスパートクラスに賞典外で挑戦して素晴らしい走りを見せてくれた。その2人を除くメンバーでのヒート2、終始順位が変わらず、#47今岡陸駆斗選手が1位でゴール、初優勝を果たした。2位には#42脊戸貴弘選手、3位に#60長友徹選手となった。

250/450ccクラス

   

ヒート1、1周目トップは#9澤邊昭光選手、2番手に#4川原直幸選手、エンストで後方からの追い上げとなった#28是澤翔選手が3番手まで浮上すると3周目にはトップに立つとそのまま1位でチェッカー。最後尾スタートとなった#56三角真矢選手が見事な追い上げでラスト3周で2番手に、2位でゴール。3位には安定した走りで#4川原直幸選手。#9澤邊昭光選手が4位でゴール。#66藤田幸太郎選手と5番手争いを演じた#75植松崇選手が5位と健闘。ヒート2、見事なホールショットを決めたのは#37岸良知人選手。その後単独トップを独走の#56三角直康選手が1位でチェッカー。1周目2番手の#28是澤翔選手はマシントラブルにより順位を下げる。1周目5番手の#4川原直幸選手が追い上げ2位でゴール。3位には#9澤邊昭光選手が健闘。4位には#75植松崇選手が大健闘。1周目9番手から追い上げて#8黒木泰裕選手が5位と健闘。

   

50ccクラス

#45黒木翔太選手が両ヒートを制し、見事優勝。ヒート1では3位となるも、ヒート2で2位と健闘の#14石松栞太選手が総合2位。ヒート1では2位、ヒート2で3位の#23押川椿選手が総合3位と健闘。#28小原リオ選手は自身最高の総合4位と健闘。初レースの最年少の#81脊戸康太郎選手、ヒート1はマディでキャンセルもヒート2では無事完走。

その他

ご協賛

チームカナッペ様、RK様、ブリヂストン様他、ありがとうございました。

  
ページのトップへ戻る