2017ミヤザキモトクロスチャンピオンシップR6

2017/02/5開催。 雨のち曇り。マディ。

データ

レポート

前日まではカラカラのスーパードライコンディションでしたが、天気予報通り、当日朝から降り始めた雨で、コースはマディコンディションとなりました。昼前から雨は止みましたが、コンディションが悪くなったため、50ccクラスと150cc以下Bクラスのヒート2はショートカットコースにしました。マディのレースは苦手な人、にんまりな人、みなさん一生懸命走っていました。スムーズにレースも進行できて、参加者の皆さん、親御さん、スタッフのにみなさん、お疲れ様でした。シリーズ戦も残すところ2戦。よろしくお願いいたします。

150cc以下EXPERTクラス

ヒート1、1周目から#3是澤翔選手が落ち着いた走りでトップを守り1位でチェッカー。1周目5番手から追い上げて2位でゴールはマディも得意とする#14瀬戸山禅選手。3位には惜しくも序盤2番手だった#9小原タクヤ選 手。4位には安定した走りで#4那須愛斗選手。5位には44歳の#7原正人選手が健闘。 ヒート2、1周目トップだった#3是澤翔選手は転倒で7番手に順位を落とす。かわってトップに出たのは#9小原タクヤ選手。しかし6周目#23児玉暁斗選手がトップに立つとそのまま1位でチェッカー、初のヒート優勝 を果たした。2位には惜しくも#9小原タクヤ選手。3位には#14瀬戸山禅選手が健闘。4位には#4那須愛斗選手が入り健闘。転倒で順位を落とした#3是澤翔選手が5位。

150cc以下Bクラス

ヒート1、52歳の#39鈴木照和が1周目からトップにたつと、2位以下を大きく引き離してそのままトップでチェッカー。2位には4番手から追い上げて#38中村利光選手。3位にはCRF125Fで健闘、#64三角直康選手。4 位にはマディは嫌いではないCRF100Fの#57岡部真人選手が大健闘。序盤2番手を走っていた#99新原健選手が5位、250/450ccクラスとダブルエントリーでタフさを見せた。 ヒート2、午後からは雨は止んだが、コースコンディションが悪く、ショートカットコースにして行われた。5周目まで#39鈴木照和選手がトップを走行するも、55歳の#38中村利光選手がじりじりと追 い上げ、ラスト3周でトップにたちそのまま1位でゴール。2位にはラストラップで2番手の鈴木選手をパスして#64三角直康選手。惜しくも3位に#39鈴木照和選手。4位には#88長友徹選手が入って本領を発揮した。5 位には長崎からエントリー11歳の#76柿田幸大選手が大健闘。

    

250/450ccクラス

   

今回は20台がエントリー、19台が出走。前回に続き大盛り上がり、ありがとうございます。ヒート1、#87那須伊雪選手が1周目からトップに立つと2位以下を大きく引き離しトップでチェッカー、マディとは 思えないタイムもたたきだした。2位には#1小原ヒカル選手、とてもタフでミスない走りだった。3位にはマディを楽しんで走っていた#84橋野翔太選手が大健闘。4位には前回のリベンジで登場の#24坂井幹夫選手、 10番手から追い上げての素晴らしい走りだった。序盤2番手を走行するも転倒で順位を落とした#41久保田真透選手が5位。 ヒート2、ヒート1に続きヒート2を制したのは#87那須伊雪選手。ヒート2もミスなく2位には#1小原ヒカル選手。3位には#41久保田真透選手が健闘。ヒート2も4位と健闘#84橋野翔太選手。5位には転倒を喫するも#93 三角真矢選手が入った。

    

   

50ccクラス

ヒート1、トップ4は1周目から順位がかわらず、#18甲斐原昊晴選手が1位でチェッカー。2位には#11柿田幸大選手。3位には#17今岡陸駆斗選手。4位に#8川畑正俊選手となった。 ヒート2は、ショートカットコースにして行われた。1周目トップは#18甲斐原昊晴選手、2周目には#11柿田幸大選手がトップに。3周目再び#18甲斐原昊晴選手がトップに立つ。しかし、5周目には#13古賀翔馬選手が トップたつのそのまま1位でチェッカー。2位には#18甲斐原昊晴選手。惜しくも3位には#11柿田幸大選手。4位には安定した走りで#16長友健太郎選手が健闘。

    

ページのトップへ戻る